ディズニーシーだし最高にいい
ホーム > 最新医療 > AGAの検査をする前に自分でM字ハゲに試してみたいこと

AGAの検査をする前に自分でM字ハゲに試してみたいこと

AGAの検査をする前に自分でM字ハゲに試してみたいことについての解説記事です。AGA(男性型脱毛症)にはいくつか特徴的なハゲのタイプがありますが、M字ハゲもその1つ。今時流行らない剃り込みを入れてる訳でもないのに、まるで人気アニメドラゴンボールのベジータの様にオデコがM字にハゲてしまうものです。

M字ハゲの原因は、AGAであると良く見聞きしますが、それ以外にもM字ハゲに繋がる原因はいくつかあるようです。頭皮の血流が悪い頭皮の血流が悪いと、頭皮へ十分な栄養が届かなくなります。頭皮の皮脂が多い皮脂が多すぎると頭皮の毛穴が詰まり、髪の成長を妨げます。眼精疲労パソコンやスマホで眼を酷使すると、オデコの皮膚が固くなりがちになることから、M字ハゲの原因となっています。

M字ハゲを治療するには先に挙げた3つの原因を、改善してみることから始めてみましょう。頭皮の血流を良くする頭皮へのマッサージによって、血流を良くしていきます。既にM字はげになっているとしたら、頭皮は固くなっていると思われます。耳の上に指の腹を当て、丸く円を描く様に、下から上、下から上にとマッサージしていきます。

入浴時など体が温まっている時や、育毛剤を使用されているのであれば、頭皮へ塗った後に行うことが良いと思います。頭皮の皮脂を抑える頭皮の皮脂は、食生活が現れやすい部分です。肉類や糖分、脂っこい食べ物は、ほどほどにしたいところです。また注意したいのが、皮脂をスッキリと洗い流そうと洗浄力の強いタイプのシャンプーを使ってしまうことです。

必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、乾燥を防ぐ為に体が反応し、更に多くの皮脂を分泌してしまうからです。眼の疲れを溜めない仕事柄どうしてもパソコンの画面を見続けなければならない場合でも、1時間に1回10分ほどは、眼を休ませてあげたいものです。休憩中には、首や肩を回すなどストレッチを取り入れると良いと思います。最近は、パソコン作業が多い方向けに、PCメガネなる物が出ています。

ブルーライトなど眼精疲労の原因となる光の吸収を抑えてくれるので、利用されると良いのではないでしょうか。これら生活面を見直すことで、M字ハゲの治療に繋がれば良いですが、M字ハゲの進行を抑えることが出来なかったり抜け毛が多い場合には、本格的にAGAを疑い、治療を考える必要があるかもしれません。AGA専門クリニックの他、近所の皮膚科でも相談出来るものなので、一度専門家の意見を聞いてみるのも良いかもしれません。

M字はげの90%以上の原因とその対策テク